BS朝日

バックナンバー

刑務所のルールブック

常連俳優探しは、シン・ウォンホ監督作品のお楽しみ!

 刑務所を舞台に、そこで暮らしている人々の日常を笑いと涙で切り取り、多くの人たちの共感を得た「刑務所のルールブック」。演出は、「応答せよ」シリーズのシン・ウォンホ監督で、本作に続き「賢い医師生活」シリーズもヒットさせ、韓国ドラマ界をけん引する存在となりました。
 
 公共放送局KBSでバラエティ番組のプロデューサーとして腕を磨いたシン監督は、2011年にケーブルテレビ局などを運営するCJ ENMに移籍。その後「応答せよ」シリーズを大ヒットさせ、ドラマ演出家としての地位を確立しました。シン監督による丁寧できめ細かな演出は「シンテール」と呼ばれ、業界の仲間からも絶大な信頼を得ています。ちなみに韓国金融監督院の報告書によると、2021年上半期の報酬が7億7700万ウォン!というから驚きです。
 
 そんなシン監督作品の楽しみの一つに常連俳優の出演があります。その筆頭が、本作で金に汚い刑務官を演じたソン・ドンイル。「応答せよ」シリーズでは全作を通して主人公の父親役を演じ、「賢い医師生活」ではユ・ヨンソク演じる主人公の兄に扮しています。また、監房仲間のミンチョルに扮したチェ・ムソンは、「恋のスケッチ~応答せよ1988~」でテク=パク・ボゴムの父親に扮していましたが、本作に「若い頃はパク・ボゴムに似ていると言われたもんや」というセリフがあり、マニアファンを喜ばせました。
 
 他にもチョン・ギョンホやチョン・ムンソンが「医師生活」に出演。特別出演の俳優も多く、シン・ウォンホ作品に登場した俳優たちが今度はどんな役で出ているのか、チェックしてみるのも一興ではないでしょうか。