BS朝日

バックナンバー

凍てついた愛

「パラサイト」の美しき奥様、「愛の不時着」の悪役から若き天才子役まで、実力派が勢揃い!

 中学生の転落事件をきっかけに、校内暴力や親の歪んだ愛情など、現代社会に広がる闇を描いた「凍てついた愛」。パク・チャンホン監督が「本作は端役にいたるまで実力派の俳優を揃えました」と胸を張る通り、魅力的な俳優陣が迫真の演技を見せてくれます。
 
 意識不明の息子ソンホを信じ、真相究明のために奮闘する母親イナには、韓国だけでなく中国でも人気の高いチュ・ジャヒョン。そんなイナと対立するママ友のウンジュを演じるのは米アカデミー賞 4 冠を達成した映画「パラサイト 半地下の家族」の“美しすぎる奥様”チョ・ヨジョン。お金持ちの優雅な専業主婦…という役は映画を思い起こさせます。2人の国際派女優の演技バトルに注目です。
 
 イナの夫で高校教師のムジンに扮するのはパク・ヒスン。主に映画で活躍し、最近では「マイネーム: 偽りと復讐」でも知られる俳優です。クセの強い人物を演じるイメージがありましたが、本作では息子の事件を機に休職し、愛する家族を守ろうとする良い父親役です。そんなムジンと真逆なウンジュの夫ジンピョを演じるのはオ・マンソク。富と権力を笠に着て、家族にも高圧的に接する無慈悲な夫に扮して「愛の不時着」に続く悪役演技が光ります。
 
 そして忘れてならないのが子役たちです。昏睡状態でありながら物語のキーパーソンとなるソンホには「六龍が飛ぶ」「トッケビ」「王は愛する」など数えきれないほどの作品で主人公の少年時代を演じてきたナム・ダルム。天使のようなソンホを苦しめる同級生のジュンソクは「私たちが出会った奇跡」のソ・ドンヒョンが演じ、憎まれ役をみごとに引き受けました。さらに映画「哭声/コクソン」のキム・ファンヒがソンホの気丈な妹を好演。韓国の人気子役たちの演技レベルの高さには本当に驚かされます。
 
 また、パク・チャンホン監督とキム・ジウ作家のコンビ作ということで「記憶~愛する人へ~」「魔王」のイ・ソンミン、「復活」のアン・ネサン、常連組のチェ・ドクムンらゆかりの俳優がカメオ出演していることも、ドラマ好きには見逃せないでしょう。