BS朝日

バックナンバー

凍てついた愛

なぜ悲劇が起こったのか? ミステリアスで奥深く、濃密な人間ドラマ

 皆既月食の夜、中学生ソンホが学校の中庭で倒れている衝撃的な場面から始まる「凍てついた愛」。なぜこんな悲劇が起こってしまったのか?奥深い人間ドラマであると同時にミステリーとしても見ごたえたっぷりなのが本作の特徴です。
 
 警察は成績の悪化を苦にした自殺未遂として片づけようとしますが、母のイナも父のムジンも、とうてい納得できません。時には自分を責め、罪悪感のあまり夫婦関係までぎくしゃくしますが、そんな時、仲良しグループ内でのいじめ問題が浮上します。
 
 思いもよらない状況に衝撃をうけた夫婦が自分たちで真相を究明しようとするところから、物語は次のステージへ。そこでは思春期の少年たちの心の揺れや、それぞれの家庭が抱える問題、体面を重んずる学校の隠蔽体質などが浮き彫りになっていきます。特にゾクッとするのがママ友同士のえぐい関係。一見相手を心配しているようですが大事なのは我が子と家族。自分たちさえ良ければいい…。そんな親たちの姿がリアルに描かれているので、子を持つ親は多かれ少なかれ、過去の似たような経験を思い出すのではないでしょうか?
 
 そんななか、信じていた人に裏切られながらも真実を追い求め、傷つき、絶望し、それでも昏睡状態の息子のために前に進もうとするイナの強さに胸打たれます。
 
 校内暴力は本作における一連の事件の氷山の一角であり、物語はやがて予想もつかない展開を見せていきます。真実を隠す者が流す涙、事件の裏に存在する意外な人物、親と子の間に広がる心の闇……。濃密な人間ドラマであり、サスペンスとしても一級品の「凍てついた愛」。原題である「美しい世界」の意味が明らかになるエンディングまで、一瞬たりとも目が離せません。