BS朝日

バックナンバー

恋のプログラミング〜ダメ男の見分け方〜

デジタル社会のなかで巻き起こる、理系女子とアナログ男子の恋模様

 家電メーカーでプログラマーとして働く理系女子と、アナログ人間の消防士が繰り広げる微笑ましい恋模様を描いた「恋のプログラミング〜ダメ男の見分け方〜」。正反対の志向を持つ男女が少しずつ歩み寄り、恋を深めていく様子と共に、イマドキの様々な事象が織り込まれているのが見どころです。
 
 ヒロインのジソンが開発しているのはAI冷蔵庫。使用者のデータを入力すれば、その人に合った最適なメニューを提案してくれるという優れ物。スマホのアプリと連動させることで献立を提供する冷蔵庫は実際にあるようですが、ドラマでは回路に不具合が生じたことから、なぜか個人情報にアクセスして分析する機能が搭載されてしまう設定となっています。もちろん、これはフィクションですが、ちょっとしたことで簡単に個人情報が漏れる今の世の中、決して絵空事とは言えません。
 
 ジソンはこの機能を使って自分の婚約者をはじめ、周囲のダメ男の秘密を暴いていきます。ただし、消防士のグッキだけは分析不能。なにしろ彼はスマホを持たずガラケーも最低限の通話だけ。担当地区の地図は頭に入っているのでカーナビも必要なし、というデジタル社会では少数派。でも、最先端を行くばかりがいいというわけではないはずです。
 
 後半明らかになる、グッキがトラウマを抱えた原因となったエピソードには、SNS特有の怖さがリアルに映し出されていると感じます。スマホやPCに頼り切った生活は実は結構危ういこと。グッキを見ているうちに、たまにはデジタル断ちをするのもいいと思えてくるかもしれません。