BS朝日

バックナンバー

#431

勝野洋(俳優)

ゲスト×インタビュアー
勝野洋(俳優)× 宮嶋泰子(テレビ朝日スポーツコメンテーター)

1949年7月27日、熊本県阿蘇郡に生まれる。大自然に囲まれて幼少期を過ごし、高校時代は柔道に打ち込んだ硬派。その後、青山学院大学入学のため上京。当時、俳優になるつもりは全くなかったが、思いがけずはじめたモデルのアルバイトをする中で、ある人気ドラマのオーディションを受けることに。それが、「太陽にほえろ!」だった。演技経験がほとんどなかったにも関わらず、新人刑事テキサス役に大抜擢。殉職した回は42.5%という番組史上最高の視聴率を記録、一躍スターとなった。多くの大物俳優に囲まれた「太陽にほえろ!」の現場で学んだ事とは…?
また、勝野といえば芸能界きってのおしどり夫婦としても有名だ。妻のキャシー中島とは1979年に結婚。3人の子宝に恵まれ、3年前には初孫が誕生。そんな仕事も私生活も順調に見えるベテラン俳優が、実は60歳になる時、人生を見つめ直したという。長女・七奈美さんの29歳という早すぎる死がきっかけだった…。
インタビューは、勝野が新婚当時から夫婦で足繁く通うという、六本木にある老舗料理店で行われた。命の危機を何度も感じるほど、超危険で苛酷だった「太陽にほえろ!」撮影秘話から、妻・キャシー中島から猛烈なアプローチを受け、わずか1カ月で婚約に至ったという爆笑の馴れ初め、そして最愛の長女の死と家族への愛まで…。寡黙なイメージの勝野が語った半生、そして見せてくれた意外な素顔とは? 真っ直ぐに生き、真摯に人と向き合う、俳優・勝野洋の魅力に迫る!!