BS朝日

バックナンバー

大同久志 千香(オリーブ農家)

神奈川の湯河原町と静岡の東伊豆町で、温暖な気候を生かしてオリーブを栽培し、そのオリーブを生かしたスローな暮しを送っている、大同久志さん千香さん夫妻。脱サラし、東京から移住。2012年から広大な山林を夫妻だけで切り開き、オリーブの苗を植えました。農薬や化学肥料に頼らず育て上げたオリーブを、秋に収穫。そして香り高い一番搾り、エキストラバージンオリーブオイルを作ります。そのオリーブオイルを使い、自分たちで育てた有機野菜を揚げてフリットに。実の新漬けの炊き込みご飯も絶品です。そして味付けの塩も自家製。海水を汲んで、太陽光発電で煮詰め、仕上げは天日干しにします。電気はすべて自給。電力会社の電線網につながらない、オフグリッドの生活を実現、家自体も天然素材で造りました。さらにオリーブの葉も、草木染めやお茶作りに生かします。オリーブ畑作りの開墾で伐採した木は、釜戸や薪ストーブに利用し、灰はオリーブ畑にまきます。こうしたオリーブをもとに、まさに循環する暮らしを生み出してきた大同夫妻の、スローなコトノハをゆっくりと味わいたいものです。

大同さんの仕事をもっと知るには・・・
http://daidohfarm.com/