BS朝日

バックナンバー

#99

「茶の正月」

11月7日は立冬、いよいよ冬の始まりです。山の木々が色づき始めた京都で、茶道速水流の家元茶室を訪ねました。茶道の世界では11月は新しい年の始まり、いわば「茶の正月」です。畳に切った炉を使い始める「開炉」、今年摘んだ新茶を半年間寝かせてきた茶壷の口封を切って使い始める「口切」などの行事が行われました。そして、新たな年を寿ぐ茶人が正装して集い、茶事が催されました。