BS朝日

バックナンバー

#17

<ハウスキーピング>年末の大掃除① 窓&障子
<DIY&インテリア>木の板でクリスマスツリー

【出演】
有賀照枝(ハウスキーピングコーディネーター)
玉井香織(DIYアドバイザー)

 

  

 

<ハウスキーピング> 年末の大掃除① 窓&障子

「ハウスキーピング」のコーナーでは、新年をすっきりと迎えるための大掃除を実践。部屋が明るくなるように、窓まわりをきれいにして、障子を貼り替えます。
普段なかなかお掃除する機会の少ない窓ガラスや網戸、サッシなどの窓まわり。きれいにしたあと、汚れが中に入ってこないように「外から内側へ」が基本。まずは一番外側にある網戸から。外側と内側から2人ではさむようにして、両面を同時に拭くと、汚れが飛び散るのを防ぎ、効率よくきれいにすることができるんだとか。サッシ部分は専用のグッズを使って。ブラシでレール部分のごみやほこりをはらってから、柄の部分にぬらしたふきんをあてて、溝の細かいところの汚れを取りましょう。最後は、窓ガラスのお掃除。傷がつかないようスポンジに水をたっぷりと含ませながら拭き上げましょう。水拭きが終ったら、スクイジーを使って、しっかりと水気を切るのがポイントです。
さらに、日頃なかなか行うことのない、障子の貼り替えも実践。まずはたっぷりと水を含ませて、古い障子紙をはがしたあと、新しいものに貼り替えていきます。のりを刷毛で丁寧に塗ったあと、たるみが出ないように気をつけながら張っていくのがポイント。余分な障子紙をカットしたあと、霧吹きで水を吹きかけると、乾いたときにきれいに仕上がります。
窓まわりと障子をきれいにして、明るい部屋で、気持ちよく新年を迎えられるといいですね。

<DIY&インテリア> 木の板でクリスマスツリー
「DIY&インテリア」のコーナーでは、素朴な風合いの木の板を使った、簡単クリスマスツリーにチャレンジ。板をもみの木の形にカットしたあと、電動ドリルドライバーで自由に穴を開けていきます。そこに細い丸棒を通して、オーナメントを飾り付けたら完成です。トーンを押さえて華やかなオーナメントを飾った作品は、落ち着いた雰囲気のインテリアにぴったり。詳しい材料や作り方は「レシピ」ページで公開!ぜひチェックしてみてください。