BS朝日

バックナンバー

【Episode8】“Wind” 風

南米大陸アルゼンチン・パタゴニアは「風」の大地。
大平原の中で牛を追って生きる男たちを、人々は尊敬をもって「ガウチョ」と呼ぶ。
ガウチョは広大な大自然の中を風のように旅しながら、歌や詩を奏で伝える吟遊詩人でもあった。
気高く自然と共に生きるガウチョを追い、歌い継がれてきた即興詩に耳を傾ける。
幕を開ける歌は、ラテンアメリカ伝統の詩歌「コプラ」。
国民的歌手チャケーニョ・パラベシーノ(Chaqueño Palavecino)の美声が響く。