BS朝日

ストーリー

#10

第10話

ついにグクイル電子から賠償を勝ち取ったドゥルホたちは裁判の結果を報告しにカン検事の元を訪れる。
ところが事務所に戻ったドゥルホたちは、カン検事の遺品を手に入れていたことに気付く。遺品を巡ってマンスは事務所を辞めると出ていってしまうが、そうした中、記者が資料を持ってやって来る。それはグクイルグループが最初に建てたビルとテサン福祉院の関係を臭わせる資料だった。ドゥルホはビルの下まで掘り起こすと宣言する。