BS朝日

バックナンバー

#126

新型コロナ
ワクチン開発の最前線

未だ新型コロナウィルス感染拡大が止まらないアメリカ。死者数はついに27万人を超えた。そんな中、開発中の2種類のワクチンについて、早ければ12月前半にも接種が始まる可能性が高まっている。番組ではポリオワクチンを開発したソーク博士が設立した「生物学研究所ソーク研究所」のジェラルドパオ博士に緊急インタビュー。
早い段階からワクチン製作研究につながる人工合成遺伝子の制作にも取り組むパオ博士にワクチン開発の最前線と、副作用などの気になる疑問を聞く。