BS朝日

バックナンバー

#144

アカデミー賞直前情報②
映画から見えるアメリカ社会

コロナ禍で1カ月の延期となった映画の祭典アカデミー賞授賞式が日本時間26日にいよいよ開催。
今回は俳優賞の有力作品を紹介。昨年亡くなった黒人俳優チャドウィック・ボーズマンの遺作となった「マ・レイニーのブラックボトム」、サシャ・バロン・コーエンが助演男優賞最有力となっている「シカゴ7裁判」など、過去のアメリカ史実をベースにしながらも、現在進行形で行われているBLMや分断といったアメリカの今を象徴するテーマを内包している。気になる賞レース予想と共に町山が徹底解説。