BS朝日

バックナンバー

#147

バイデン政権100日
施政方針演説、驚きの内容を徹底解説

4月28日、バイデン新政権はいわゆるハネムーン期間と言われる発足100日間を終え、大統領は1時間を超える施政方針演説を行いました。ワクチン接種人数は目標を大幅に上回る2億人超えを達成、さらに100日で130万人もの新規雇用を生み出しその成果を強調。しかし最も全米を驚かせたのが「米国救済計画」と銘打った実に総額600兆円という超大型改革プランでした。これまで中道左派の調整役などと思われていたバイデン大統領がぶちあげた米国史上最大の改革案とは??その驚愕の内容と真意を町山が徹底解説。