NOW ON AIR

    バックナンバー

    #8

    埼玉・川越のみらい遺産「笑顔あふれる 小江戸の菓子屋横丁」

    今回の「みらい遺産」を紹介してくれるのは、埼玉県川越市に住む久保田一郎さん(77歳)。
    埼玉県川越市は、小江戸と呼ばれる蔵造の街並みが今も残り、休日になると観光客でにぎわいます。
    その一角に、昔ながらの菓子店が軒を連ねる「菓子屋横丁」があります。

    ここで創業100年の飴屋を営むのが、3代目・久保田一郎さん。
    江戸時代に根付いた手づくり飴の伝統を、今も守り続ける久保田さん。
    色とりどりの飴を組み合わせ、さくら・ひまわり・みかんなどを表現する、 組飴と呼ばれる飴細工の職人さんです。

    長年培った職人技でつくりだされる色鮮やかな組飴。
    久保田さんは、横丁にどんな思いを抱いているのでしょうか―。

    PHOTO

    写真からBS朝日の番組を探そう!