NOW ON AIR

    バックナンバー

    #13

    長野・千曲市のみらい遺産「田毎の月」

    今回の「みらい遺産」を紹介してくれるのは、長野県千曲市に住む森正文さん(73歳)。
    千曲市に広がる、1500枚の棚田。
    その歴史は室町時代にはじまり、稲作に適した土質のこの地で米を育てるため、 代々受け継ぎ、大切に広げてきました。
    この棚田で、60年間米作りをする、森さん。
    稲作を控えた5月、棚田には水が注がれていきます。
    今日は森さんにとって、年に一度の、特別な日。
    満月が棚田に映る、「田毎の月」が見られるのです。

    安藤広重はじめ、多くの芸術家を魅了してきた、田毎の月。
    森さんは、田毎の月にどんな想いを寄せているのでしょうか―。

    PHOTO

    写真からBS朝日の番組を探そう!