NOW ON AIR

    バックナンバー

    #15

    新潟県新潟市白根のみらい遺産「地域が一つになる大凧合戦」

    6月、信濃川の支流・中ノ口川で行われる「白根大凧合戦」。 川の両岸から上げた凧をからませ、互いに引っ張り合うという激しい祭りです。 期間中には300もの凧があがります。

    今回「みらい遺産」を紹介してくれるのは、 祭りに毎年参加して約70年になる、坂井久衛さん(77歳)。

    大凧は1つ1つ手づくり。岳で骨を組み、紙を張って、絵柄を描く。 お正月から半年かけて、時には休日も返上。子供から大人まで地区総出で作ります。 地区の皆で協力して作り上げる大凧合戦が、人々にもたらすものとは・・・?

    PHOTO

    写真からBS朝日の番組を探そう!