BS朝日

ストーリー

#14

第14話

ジェヒョクはトレーニングの末、球速140kmを叩き出し、嬉しさのあまり思わずジホに電話をかけてしまう。
一方、拘置所でジェヒョクを襲ってきたトルマニが西部刑務所に移送され、ジェヒョクと同じ監房に入ってくる。因縁を知った同房の人たちはジェヒョクを過剰に護衛しはじめるのだった。ジェヒョクは、トルマニに命を狙われながらも怒りを必死に抑えて過ごす。そして、面会に訪れたリュ弁護士に各球団との契約交渉を頼むことに。