BS朝日

過去のゲスト

#18

8月マンスリースペシャル


Shigeki Yamamoto/Number

Shiro Miyake/Number

Kiichi Matsumoto/Number

Kiichi Matsumoto/Number

今回は、8月のマンスリースペシャル。ウエイトリフティング選手の八木かなえさん、ラグビー選手の山田章大さん、サッカー選手の安藤梢さん、ランニングアドバイザーの福内櫻子さんの放送をプレーバックするとともに、未公開映像を交えて、その輝きの秘密を、さらにひも解きます。

 八木さんは、ウエイトリフティングにおける1㎏の重要性を語ります。自分の体重よりはるかに重いバーベルを持ち上げる競技の中で、勝負や記録の明暗を分ける1㎏は「たかが1㎏、されど1㎏」。そんな過酷な世界で戦う彼女が感じている「可能性と限界」とは?

 一アスリートとして、そして人間としても成長するため、コアワーキングスペースに通って異業種の仲間と触れ合い、刺激と発想のヒントをもらっている山田さん。そんな彼が語ったのは「影響と決断」について。人から影響を受けるのは大切なこと。でも、答えを出すのはあくまで自分。決断のキーワードとなっていたのは「フィルター」でした。

 今年、36歳になった安藤さん。サッカー選手としてはベテランの域ですが、若手に負けないはつらつとした動きでチームを引っ張っています。そんな彼女がいま、目指すもの。それは「サポーターを驚かせるプレー」。さらなる高みを目指し続ける安藤さんの情熱とモチベーションを描き出します。

 市民ランナーたちに「けがをしない走り方」を伝えている福内さん。その原点は、オリンピックメダリスト・有森裕子さんからのアドバイスだったといいます。「無理をしては絶対ダメ」「正しい走り方を覚えればもっとランニングが楽しくなる」。いまの福内さんの指導の礎となっているレジェンドの言葉に迫ります。