BS朝日

過去のゲスト

#28

鮫島彩(サッカー女子日本代表 主将)

今回のゲストは、サッカー日本代表の鮫島彩さん。2011年のワールドカップ初優勝、翌年のロンドン五輪銀メダルと、「なでしこジャパン」の全盛期を支えたトッププレーヤーです。

現在31歳。運度量に衰えはありませんが、代表を引っ張る年齢となった今、気付いたことがあると言います。それは、澤穂希さんや宮間あやさんら、“あの頃”の中心選手の存在の大きさ。「できることは認めてくれて、できないことは何も言わずにカバーしてくれた」という彼女たち。鮫島さんもそれを手本に、「行動で若手に見本を示す」選手になるべく、歩みを進めています。

また、鮫島さんは自身のサッカー人生に大きな影響を与えた東日本大震災についても語ります。当時、福島に拠点を置くマリーゼに所属していた鮫島さん。しかし、原発事故の影響などでチームは活動を休止。その後、アメリカ、フランスのチームを渡り歩くことになりました。やがて訪れた「自分との決着」、そして異国で芽生えた「新たな価値観」とは?

ほか、番組では趣味である「着物の着付け」に密着。そこには、東京五輪までに「真のなでしこ」になろうと奮闘する鮫島さんの姿がありました。さらに、チームメイト・髙瀬愛実さんとのランチトークなどを通して、意外な素顔もひも解きます。

Kiichi Matsumoto/Number