BS朝日

過去のゲスト

#63

織田信成

今回のゲストは、元フィギュアスケーターの織田信成さんです。柔らかく美しいジャンプを武器にジュニア時代から活躍し、2010年のバンクーバー五輪では7位入賞。13年に競技を引退してからはプロスケーター、タレント、指導者など幅広い分野で活躍しています。

フィギュアスケーターとしての代名詞は4回転ジャンプ。今でも大好きで、「40歳くらいになっても飛んでいたい」と声を弾ませます。そして、ジャンプを飛ぶのは「生きるため」という“美学”も。失敗や苦しさを乗り越えてジャンプを成功させ、万雷の拍手を受けた時、織田さんの胸に去来するものとは?

現在32歳。さまざまな活動で大忙しの織田さんを夢中にさせるもの。それはパンケーキです。人気店の行列に並ぶのも平気。最大3時間待ったことがあるそうで「その時間が(パンケーキを)美味しくする」「欲しい物は待ってでも手に入れる」と熱弁を振るいます。番組では、お気に入りの店に赴く織田さんに密着。パンケーキへの愛とこだわりに迫ります。

ほか、“10の質問”を通してトレードマークともいえる「涙」と「笑顔」に秘められた美学や、“ご先祖様”である織田信長公への想いなどをひも解きます。

Shigeki Yamamoto/Number