BS朝日

過去のゲスト

#80

小林悠

今回のゲストは、サッカー選手の小林悠さんです。2017年にJ1リーグ得点王に輝き、MVPにも選ばれた日本屈指のアタッカー。現在、リーグ2連覇中の強豪・川崎フロンターレを束ねるキャプテンです。

数々の栄光に輝き、順風満帆に見える小林さんのサッカー人生。しかし、大学時代は2部リーグでプレー。度重なるケガにも悩まされるなど、何度もサッカーを諦めかけたといいます。支えてくれたのは、家族でした。「家族がいなかったら、サッカー選手ではいられなかった」。そう語る小林さんと母、夫人、子供たちが紡ぐ「感謝」と「感動」の物語を紐解きます。

「普段は何もできない」と苦笑する小林さんですが、ピッチに入ればリーグ屈指の点取り屋。ゴールへのモチベーションを高める秘訣は、「自分に言い聞かせる」ことだと語ります。「いつも誰がゴールを決めて勝たせてきたんだ」。そんな問い掛けを通じて、心と「自分への期待」を奮い立たせているそうです。

現在32歳。ベテランの域に入り、キャプテンという立場にもありますが、若手選手と接するときも「(相手の)プライドを尊重する」と言います。「アドバイスを上から言うのはよくない。同じ目線に立って、しっかり若い子の考えていることを理解し、寄り添うこと」。一般社会にも通じる小林さんの美学と言葉は必見です。

Yuki Suenaga/Number