BS朝日

過去のゲスト

#94

井口資仁

今回のゲストは、プロ野球、千葉ロッテマリーンズの監督・井口資仁さんです。大学時代にアトランタ五輪で銀メダルを獲得。ダイエー(現・福岡ソフトバンク)ホークスで日本一を経験し、メジャーリーグでもワールドシリーズを制覇するなど、内野手として華々しい成績を残しました。

ロッテで日本球界に復帰した後、2017年に現役を退き、その直後から監督に就任。引退後はまずコーチか解説者になるケースが一般的ですが、井口さんは「直接監督になったことは、僕の中ではプラスになっている」と胸を張ります。その背景には、メジャー生活を経て帰ってきた時に味わった「浦島太郎」のような経験がありました。

現在45歳。指揮官として組織・選手の強化に尽力する毎日ですが、その一方でプレーヤーへの未練もちらり。「贅沢だって言われるんですけど、選手としてもっともっとやりたいことがあった。今でも、チャンスがあれば体を作り直して(現役として)やりたい(笑)」。井口さんがグラウンドに置き忘れてきたこととは?

ほか、“スーパールーキー”からベテランまで、70人以上の個性的な選手を束ねる上司論、「魚との勝負」と語る趣味の“釣り論”などを通して、井口さんの美学を紐解きます。

Yuki Suenaga/Number