BS朝日

過去のゲスト

#96

2月マンスリースペシャル


Yuki Suenaga/Number

Yuki Suenaga/Number

Kiichi Matsumoto/Number

今回は、2月のマンスリースペシャル。元女子サッカー日本代表の永里亜紗乃さん、プロ野球、千葉ロッテマリーンズの監督・井口資仁さん、元体操日本代表の岡部紗季子さんの放送をプレーバックし、その輝きと美学の秘密をさらにひも解きます。

姉・優季さんと2015年W杯のピッチに立ち、“姉妹出場”という日本初の快挙を成し遂げた亜紗乃さん。当時のなでしこジャパンは、まさに世界のトップ。「一人一人が考える、大人の集団」だったと振り返ります。「たまに言い合うこともあったんですが、本気だからこそ熱くなれるんだなって肌で感じました」。

井口さんも“組織論”について語ってくれました。組織を強くするために必要なことはズバリ、競争。「僕が入った頃のホークスは、チーム内の競争が一番激しかった頃。そういうチームは本当に強い。今、マリーンズも大分層が厚くなり、レギュラーを争うようなチームになりつつある。これから強くなっていくと思いますね」。

一方、岡部さんは現前、パルクールに挑戦中。障害物が接地されたコースでダイナミックなパフォーマンスを競う、フランス発祥の競技です。そこには、体操選手としては届かなかった夢舞台への強い想いがありました。2024年パリ五輪の追加種目候補に挙がっているパルクール。それを通じて、五輪出場の夢が「もしかしたら、叶えられるかも」と明かします。