BS朝日

過去のゲスト

#97

朝原宣治

今回のゲストは、元陸上選手の朝原宣治さんです。陸上競技の走り幅跳び、短距離の選手として4度、五輪に出場。初出場の1996年アトランタ五輪の 100mでは、日本男子28 年ぶりの準決勝進出を果たし、 08 年北京五輪の 4×100mリレーでは日本男子トラック種目初となるメダルを獲得しました。

日本最速のスプリンターとして世界と渡り合った朝原さん。でも、普段は「気分の上げ下げがあまりない」穏やかな性格と語ります。競技の際の“スイッチ”の入れ方を伺うと、「100mは(スイッチを)ONにして向かうと失敗する」という答えが。果たして、朝原流の究極の集中方法とは?

引退から11年が経ちましたが、朝原さんはまだまだ元気。昨年は、47歳でマスターズの4×100mリレーM45 クラス(45-49 歳)で世界記録を樹立しました。引退した今も走り続ける理由。それは尽きることのない「向上心と興味」にありました。進化を求めてやまない朝原さんの美学に迫ります。

ほか、番組では朝原さんのプライベートな一面にも密着。現役時代は「ないと生きていけない」と思っていたほど音楽が大好きだったそうですが、今では全く聴かなくなったとか。それに代わってハマっているものは、ゾンビ映画。意外過ぎる答えでしたが、そこにも深い美学がありました。

Shigeki Yamamoto/Number