BS朝日

過去のゲスト

#115

岩出玲亜

今回のゲストは、マラソンランナーの岩出玲亜さんです。初マラソンで10代の日本記録を打ち立て、実業団を経てプロになる道を選んだ岩出さん。そんな彼女が走ってきた道のりと、これからの人生に迫ります。

番組恒例「3枚の写真」。玲亜さんが選んだのは、昨年9月に行われた東京五輪代表選考レース「MGC」での1枚。完走者の中では最下位に終わったレースです。実は、五輪への切符が手に入る上位2人に食い込めそうもなかったら、途中棄権しようと考えていたという玲亜さん。でも、沿道の人々は、最後尾の彼女を応援しようと待っていてくれました。

「あそこ(待ってくれている人たちの所)まで行こう」。それを繰り返しているうちに距離が重なり、最終的には完走。「こんなにたくさんの人が私を待っていてくれる」。レース中から涙が止まりませんでした。人生で初めて最後にゴールした42・195㎞。そこで彼女が気づいたこととは?

また、玲亜さんは「東京五輪に出場したら引退する予定だった」と明かします。しかし、MGCを経て、その気持ちに変化が表れました。再び走り始めた彼女の「今」、そして「未来」へと続く美学をひも解きます。

Kiichi Matsumoto/Number