BS朝日

サイト内検索

約 2,140 件

現代建物遺産―未来へつなぐプロフェッショナルたち - BS朝日

石川県政記念 しいのき迎賓館」後編は、設計を手がけた筬島亮さんのインタビュー。 広大な敷地の中にあえて残した広めの余白。芝生を敷き詰めたその余白には、建物を生かす設計者の密やかな計算が隠されていました。 筬島さんが語る設計 ...

https://archives.bs-asahi.co.jp/gendai-tatemonoisan/prg_073.html

建物遺産~歴史的文化財を訪ねて - BS朝日

旧遠江国報徳社公会堂(現・大日本報徳社大講堂). 旧遠江国報徳社公会堂(現・ 大日本報徳社大講堂). この建物は、報徳運動の拠点として明治36年に建設された。木造2階建、漆喰塗りの外壁、洋風の丸みのある窓等、和洋折衷の建物。

https://archives.bs-asahi.co.jp/tatemonoisan/prg_043.html

建物遺産~歴史的文化財を訪ねて - BS朝日

国内の学校建築のうち、現存する最古級の擬洋風建物。設計は、アメリカに渡り建築学を学んだ下中込村出身の大工・市川代治郎。木造2階建。屋根中央に八角塔をのせ、その天井から時を告げる太鼓を吊るしたことから、塔は太鼓楼と呼ば ...

https://archives.bs-asahi.co.jp/tatemonoisan/prg_122.html

建物遺産~歴史的文化財を訪ねて - BS朝日

建物を囲む真っ白な外観は、琉球王朝時代の城(グスク)をイメージし、沖縄の気候風土に配慮した、遮光と通気の機能をもたせたプレキャストコンクリート板( PC板)で囲んだもの。琉球石灰に白セメントを混合したものを表面仕上げに使っ ...

https://archives.bs-asahi.co.jp/tatemonoisan/prg_079.html

建物遺産~歴史的文化財を訪ねて - BS朝日

慶応3年(1867)に来日した英国人実業家「エドワード・ハズレット・ハンター( 1843-1917)」の自邸。明治23年に建てられ建物をハンターが買い取り、明治40年に改造を加え移築した。幾人か所有者が変わり、処分される寸前、昭和36 ...

https://archives.bs-asahi.co.jp/tatemonoisan/prg_038.html

建物遺産~歴史的文化財を訪ねて - BS朝日

この建物のある秋田市大町は、城下町秋田の外町で奥州街道が通り、かつては商業の中心として栄えた。秋田銀行は明治28年(1895)に発足した。次第に手狭になり、明治45年(1912)新店舗として煉瓦造2階建の現建物が竣工した。設計は、 ...

https://archives.bs-asahi.co.jp/tatemonoisan/prg_113.html

建物遺産~歴史的文化財を訪ねて - BS朝日

建物内部1階には校長室、応接室があり、2階全体は講堂。その中央にはペディメントをのせた演壇、天井は中央部を持ち上げ高くしている。この講堂には学校創設当時に購入され、今なお美しい音色を奏でる「100年ピアノ」がある。

https://archives.bs-asahi.co.jp/tatemonoisan/prg_044.html

現代建物遺産―未来へつなぐプロフェッショナルたち - BS朝日

狭山湖畔霊園 管理休憩棟・礼拝堂」後編は、設計を手がけた中村拓志氏のインタビュー。 グッドデザイン賞を受賞したこの建物の設計の狙いや苦労点、氏が考える未来の理想的な建築のあり方について貴重なお話を伺います。

https://archives.bs-asahi.co.jp/gendai-tatemonoisan/prg_083.html

現代建物遺産―未来へつなぐプロフェッショナルたち - BS朝日

埼玉県比企郡吉見町の町民会館、フレサよしみ。文化と芸術の発信基地として人々に愛され、 ここを拠点に地元のオーケストラが結成されるなどさまざまな活動が生まれています。 これまでにも公共の建物を数多く設計してきたフレサよしみ ...

https://archives.bs-asahi.co.jp/gendai-tatemonoisan/prg_015.html

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10