BS朝日

バックナンバー

#342

川端友紀 女子プロ野球に捧げた9年間の軌跡

2010年に開幕し、今年で10年目を迎える女子プロ野球。
そんな女子プロ野球界を牽引してきた、川端友紀(29歳)。
東京ヤクルトスワローズ・川端慎吾の妹で、史上初の「兄妹プロ選手」として注目される中、3度の首位打者を獲得し、日本代表としてW杯6連覇に貢献するなど、輝かしい功績を残してきた。
そんな彼女が、昨シーズン終了後、突然の引退・・・。
 
「比べられる兄の存在」、「伸び悩む観客数」、「W杯6連覇の苦労」・・・
いくつもの挫折を乗り越え、歩んできた9年間。
彼女の背番号「23」は、女子プロ野球史上初の永久欠番となった。
 
女子プロ野球に全てを捧げた川端友紀、その野球人生に迫る!