BS朝日

バックナンバー

#279

鹿児島県立鹿児島中央高等学校本館 Ⅰ Ⅱ

鹿児島県立鹿児島中央高等学校本館

この建物は、昭和10年(1935)、鹿児島県立第一高等女学校校舎として建築された。昭和24年(1049)まで女学校が使用し、その後、女学校を前進の一つとする鹿児島県立鶴丸高等学校が昭和39年(1964)に移転するまで使用した。中央高校は昭和38年(1963)に県下の高校生急増に対応し、仮校舎を建て開校。その後、校舎を新築し移転した鶴丸高校の旧校舎に入り、現在に至っている。建物は、鉄筋コンクリート造3階建、塔屋付き。当時は県下2番目の鉄筋コンクリート造の学校建築であった。