BS朝日

バックナンバー

#490

旧南湖院第一病舎

旧南湖院第一病舎は明治32年(1899)に医師の高田畊安が開設した結核療養施設で敷地北寄りに建つ木造二階建の洋風建築。
外観は下見板張で上下窓を配置し、二階の窓にはペディメントを飾り、開口が多く採光通風に配慮されている。