BS朝日

バックナンバー

#9

夫婦でドイツ

今回は、ドイツの旅をお届けします。
フランクフルトからバスで移動し、まずはドイツの首都・ベルリンへ。冬の町を歩き、電車に乗って、アンティーク家具や雑貨が並ぶ蚤(のみ)の市を散策。そして…ベルリンでやはり訪れたいのは、東西冷戦の歴史を今に伝える“ベルリンの壁”。今も残る壁には、世界各国のアーティストによる作品が描かれていました。
さらに、ドイツといえば、もうひとつ忘れてはならないのが“ビール”。
ドイツ南西部のシュトゥットガルトでは、多くの人で盛り上がる、本場のビール祭りに参加。大きなジョッキで、おいしいビールを堪能し、併設された遊園地でゲームにも挑戦!さらにレンタカーで、この旅最大の目的、ドイツの古城めぐりに出発します。中世の趣が感じる城下町を歩き、16世紀に建てられたという城や、山の上に建つ城を訪れます。かつては要塞としても使用されていたという古城には、見張り部屋や大砲などが残っていました。
そして、ドイツで最も名高い城の一つ、“ノイシュバンシュタイン城”を望む山の上へ…。標高1700mを超える山を登り、テントを張って撮影した、幻想的な城のタイムラプス映像とは…?

◇ベルリン

フランクフルト空港からバスで6時間移動し、訪れたのはドイツの首都・ベルリン。
極寒の中、川も凍るほどの町を散策し、電車に乗ってベルリンの蚤(のみ)の市へ。マウアーパークというベルリン最大規模というマーケットには、アンティーク家具や雑貨などが並びます。そして…ベルリンでやはり立ち寄りたいのは東西冷戦の時代には、通り抜けることができなかったという “ブランデンブルグ門”、さらに歴史を伝える“ベルリンの壁”には、今は世界各国のアーティストによる作品が描かれていました。

◇シュトゥットガルト

ドイツ南西部の都市、シュトゥットガルトで訪れたのは、本場のビール祭り。 巨大なビアホールは、民族衣装に身を包んだ地元の人々で大にぎわい。大きなジョッキでビールを堪能し、併設された遊園地で、ヨメがゲームにも挑戦!そんなシュトゥットガルトからレンタカーに乗って、今回の旅の目的である、ドイツの古城巡りへ出発します。2時間ほど移動し訪れたのは、ジグマリンゲンという中世の趣が感じられる町。城下町を抜けて高台へ上がると、見えてきたのは16世紀に建てられた“ジグマリンゲン城”。そこから町が一望できる素晴らしい景色を堪能します。さらに訪れたのは、山の上に立つ絶景の城“ホーエンツォレルン城”。かつては要塞としても使用されたという城には、当時の大砲や見張りをするための部屋などが残ります。城の中には教会もあり、そこでは結婚式が行われていました。そして…ホーエンツォレルン城を見渡せる絶景ポイントへ。天空の城の幻想的なタイムラプス映像も見ごたえたっぷりです!

◇フュッセン

フランクフルト駅から電車に乗って到着したのは、ロマンチック街道の南の起点 として知られるバイエルン州の都市、フュッセン。ここに建つのは、ドイツで最も名高い城の一つ、ノイシュバンシュタイン城。城を望むタイムラプス映像を撮影するために、ロープウェイで標高1700mを超える山頂へ。しかし、濃い霧に包まれ周りの景色は真っ白。霧が晴れるまでテントに泊まり、タイムラプスの撮影チャンスを待ちます。幻想的なノイシュバンシュタイン城のタイムラプス映像とは…?