BS朝日

番組表
NOW ON AIR

    バックナンバー

    #2

    夫婦でネパール

    今回は、南アジア・ネパールの旅へ…。
    首都・カトマンズはどこか神秘的なエキゾチックな雰囲気の街並みをそぞろ歩き。
    やってきた日は、実は大みそか。二人は、日本食レストランで年越し天ぷらそばも堪能。
    さらに、「シヴァ神」を称える祭り”シヴァラトリ”を体験。
    そして、標高5000m越え!世界最高峰・エベレストを望む絶景ポイントまで、10日間をかけてヒマラヤ山脈をトレッキング。
    ハードな山歩きの後にようやく眺めることができた、エベレストの絶景のタイムラプス映像も見どころです。

    ◇カトマンズ

    エベレスト登山の玄関口である、ネパールの首都。”神々の街”と言われるように、街の至る所で大小の仏塔を見ることができます。どこかエキゾチックな街並みをぶらぶらと。訪れた日は、ちょうど12月31日=大みそか。日本食レストランで、年越しそばを味わう。また、「シヴァ神」を称える祭り”シヴァラトリ”を体験。

    ◇エベレスト

    標高約5300mのエベレストを望める絶景ポイントまで、10日間かけてトレッキング。まずはカトマンズから小さな飛行機に乗って、標高約2800mに位置する街ルクラへ。翌日からトレッキング開始。ガイド兼ポーターのカルマさんと、ポーターのニマさんが旅のパートナー。初日は、6時間かけて目的の村:モンジョへ。
    2日目は、標高3000m越えの村:ナムチェバザールへ4時間かけて到着。ここでは高度に慣れる為に2泊する。休息日には、行きたかった場所へ…。日本人が経営する、山並みの美しいホテル【ホテル・エベレスト・ビュー】のテラスで景色を楽しみながらのティータイム。
    そして、5日目には3900m地点の村へ。6日目には4000mを越え、空気の薄さを実感。マイナス10度の中では洗濯しても、すぐに凍ってしまいます。そして8日目にはついに5000m越え!そして、10日目に絶景ポイント5545m地点に到着!世界最高峰のエベレストの絶景タイムラプスは感動そのものです!

    PHOTO

    写真からBS朝日の番組を探そう!