BS朝日

番組概要

バイオリン弾きが奏でる至高のメロディー
―“達人”古澤巖が描く世界―

 

 

日本が世界に誇るバイオリニスト古澤巖さんが、長い音楽人生で初めての試みに臨みました。
175年を超える歴史と造り手の哲学が込められた〝帝王〟と称されるシャンパンをイメージした楽曲をつくるーというもの。クラシックをはじめジャズ、タンゴとボーダーレスな活動に挑戦し続け、多彩な表現力でファンを魅了し続ける〝達人〟バイオリニストは、いったいどんな音楽を作り上げたのでしょうか。名器ストラディヴァリウスで奏でる至高のメロディーをお届けします。

 


[古澤巖さんプロフィール]

 

1959生まれ、フランスではイブリー・ギトリスに学ぶ。クラシック界から3人のみ共演を果たしたジャズバイオリンの巨匠ステファン・グラッペリとユーディ・メニューインvn、ヨーヨー・マvcに続いて生涯最後のアルバムで共演。「サン・ロレンツォ1718」生涯貸与。2023年より自身が参加するコルシカ音楽祭日本公演を予定している。