BS朝日

番組表
NOW ON AIR

    バックナンバー

    #14

    ”Athlete” 一ノ瀬メイ(近畿大学 水上競技部・日本代表)
    ”With” 山本晴基 (近畿大学 水上競技部ヘッドコーチ)

    パラリンピックの水泳競技は、競泳のみで、オリンピックと同じく
    「自由形」「平泳ぎ」「背泳ぎ」「バタフライ」「個人メドレー」
    「メドレーリレー」「フリーリレー」の7種目で行われる。

    競技の公平性を保つため、
    障がいの程度や運動機能に応じ14のクラスに分かれてタイムを競う。

    そんな水泳競技で5つの種目で日本記録を持ち、
    2020年東京パラリンピックで期待がかかる選手が、一ノ瀬メイ(20)だ。

    先天性右前腕欠損症のために、右腕の肘から先が短い。

    1歳半の時に水泳を始め、
    7歳の時、京都市障がい者スポーツセンターで本格的に水泳を始めた。
    中学2年生の時には、アジアパラ競技大会で日本代表に選ばれると
    日本新記録で銀メダルを獲得。一躍、脚光を浴びるようになった。

    現在は、より高みを目指すため、多くのオリンピック選手を輩出する名門、
    近畿大学の水上競技部で練習に励んでいる。

    そこで一ノ瀬を指導しているのが、山本晴基ヘッドコーチ(34)
    「誰が見てもトップアスリートと認められる選手に育てたい」という想いを胸に、
    指導にあたっている。

    去年挑んだ、リオパラリンピック。
    一ノ瀬は、個人では6種目に出場したが結果は惨敗。
    「あわよくばなんて通用しない世界」…パラリンピックのレベルの高さを思い知り
    現在2人は新たなトレーニングを始めている。

    3年後の東京パラリンピックに向け、成長を続ける2人に密着した。

    一ノ瀬メイ(20歳)

    所属:近畿大学 水上競技部
    1997年3月17日生まれ
    先天性右前腕欠損症のために、右腕が人よりも短い。
    去年、パラリンピック初出場を果たした、東京パラリンピック期待のスイマー。
    現在は5つの日本記録を持つ。
    200m個人メドレー・クラスSM9、
    100m背泳ぎ・クラスS9、
    100m平泳ぎ・クラスSB9
    50m バタフライ・クラスS9、
    50m 自由形・クラスS9

    山本晴基(34歳)

    所属:近畿大学 水上競技部
    1983年2月9日生まれ
    近畿大学水上競技部のヘッドコーチ。
    水上競技部のヘッドコーチとして、
    一ノ瀬の練習メニューを考えたり、遠征に帯同したりしている。

    PHOTO

    写真からBS朝日の番組を探そう!