BBC地球伝説

  • トップページ
  • 歴史
  • 自然
  • 紀行
  • 文化

ストーリー

環太平洋火山の旅~大地の歴史をさぐる~
2 カリフォルニア

地質学者イアン・スチュアートが、火山や地震の多い環太平洋地域を旅して、大地がどのように人間の歴史・文化を方向づけてきたか、さまざまな謎を解き明かしていくシリーズ。
今回は、カリフォルニアの人々がなぜ、悲惨な地震や、地すべり、山火事に甘んじて暮らすのか、その理由を問う。彼らの危険を顧みない文化は、19世紀に富を求めて金や石油を探しに来た者たちの時代への、後戻りと言えるのか? それともカリフォルニアの人々はただ、現実を直視しようとせず、否定して生きているだけなのだろうか…?

カリフォルニアの人々は日々、地震に襲われるかどうか知らずに暮らしている。それはこの地球で最も美しく、豊かで、科学技術が発達した地域の一つにとって、恐ろしい欠点に見える。だが、地震をもたらす、その同じものが、美しさや豊かさ、その他諸々を創造し、カリフォルニアを独特な土地にしているのだ。
 太平洋プレートと北アメリカプレートがすれ違うサンアンドレアス断層は、シエラネバダ山脈を押し上げた。この山脈は、カリフォルニアが切望する全ての水の水源となり、不毛の砂漠を住める環境に変えている。断層によって生じた、石油や金が採集される谷には、19世紀に大勢の人々がドッと押し寄せた。大地震が起きる度に、危険を嫌う人々はより安全な内陸部へと移り、それに代わって、企業家精神あふれる危険を顧みない人々が新たに流入した。これによって、ハリウッドの発展や、現代のコンピューター産業発祥の地であるシリコン・バレーが、生み出されたのである。

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継
日替わりオススメ