昭和偉人伝

昭和偉人伝

  • トップページ
  • バックナンバー

お知らせ

  • 次回の放送は8/10(水)となります。

番組概要

昭和の偉人の波瀾万丈の生き方が自身の人生と重なる、繋がる、甦る!
昭和偉人伝

『昭和』国家壊滅の状態から未曾有の成長を遂げた類まれな時代。そこには、時代を牽引したリーダーがいました。輝くリーダーですが順風満帆ではありません。 独自取材と貴重な映像、いまだからこそ言葉にできる真実のインタビューを交えて綴る波瀾万丈の偉人伝です。『昭和』という時代がいまなお輝いて見えるのか、私たちの心に深く刺さるのか、偉人の後ろ姿から私たち自身を振り返ります。

【語り】
國村隼


次回放送予定

【2016年8月10日(水)放送】
三木たかし

記録より心に残るヒット曲を数多く生み出した作曲家、三木たかし――
シングル総売上枚数が約2000万枚という輝かしい成功を遂げながら、常に音楽と真摯に向き合った三木は、称賛を浴びてもなお、「まだどこかにあるはずの何か」を追い求めた旅人でした。その苦難と葛藤が、ジャンルを超えた多彩な名曲を昭和歌謡史に刻みつけたのです。
●「津軽海峡・冬景色」 型破りな演歌の誕生――世に出てすぐ大きなスランプへ。阿久悠との出会いが音楽への迷いを消した。(「みずいろの手紙」「ジャガー」「乙女のワルツ」他)
●「時の流れに身をまかせ」 盟友との誓い――約2000曲の三木作品のうち、400曲でコンビを組んだ盟友・荒木とよひさとの邂逅。そしてアジアの歌姫テレサ・テンに捧げた三部作への道程。名実ともに歌謡界の頂点へ。(「つぐない」「愛人」「別れの予感」)
●ミュージカル「異国の丘」 若き日の夢を追って――シンフォニーやミュージカルを書きたい……初志を通し、劇団四季と紡いだ舞台の数々。(ミュージカル「李香蘭」「南十字星」他)
●「さくらの花よ 泣きなさい」 桜に込めた命への想い――作曲家生活40年目に、末期の下咽頭がんと宣告される。声帯の切除を含め、苛酷な闘病生活を支えた家族の献身。再びギターを手にした三木は、万感の思いを「さくら」に託した。(「夜桜お七」他)
優しく厳しい眼差しで昭和の日本を見つめ続けた三木たかし。長い旅路の果てにたどり着いた景色とは……。思い出深い名曲とともに、愛と優しさにあふれた三木たかしの人生に迫ります。
●「夕月」 兄妹愛でつかんだ夢――音楽を支えに生き抜いた極貧の子供時代。妹・黛ジュンと作曲家・船村徹の門を叩き、その才能を見出される。(「恋はハートで」「禁じられた恋」他)


放送予定

放送日 タイトル
2016年8月17日(水) 宮川 泰
2016年8月24日(水) 杉原千畝
2016年8月31日(水) 山野愛子