BS朝日 ザ・ドキュメンタリー

BS朝日 ザ・ドキュメンタリー

  • トップページ
  • バックナンバー
  • Facebook
  • ツイッター

プレゼント

プレゼントのお知らせ

番組特製の"しおり"を抽選で5名様にプレゼントします。
ご希望の方は、ハガキに必要事項をご記入の上、ご応募ください。
当選の発表は発送をもってかえさせていただきます。
電話やメールでの当選結果のご質問にはお答えできませんので、 ご了承ください。

【あて先】〒106-6116
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー16階
BS朝日「ザ・ドキュメンタリー」プレゼント係
【記入事項】
① 住所 ②氏名 ③年齢 ④職業 ⑤電話番号 ⑥ 番組の感想・ご意見
⑦ 「あなたが見たい"あの日"のドキュメンタリー」を是非教えて下さい。

【応募締切】
放送日の翌週、水曜日の消印まで有効

※いただいた情報は発送、および番組制作の参考にする以外には使用しません。

放送内容

3月2日(木)

東京が焼き尽くされた日~今語る東京大空襲の真実~

日本の首都東京の下町がたった一夜、しかも2時間で焼き尽くされた、1945年3月10日東京大空襲。10万もの人たちの人生が犠牲になりました。そして生き残った多くの人生も大きく狂わされました。もはや人と言う尊厳さへも失われた形で積み上げられた数多くの屍には、それぞれの人生が確かにそこに生きていました。

それから70周年を経て、今年は72年目。あの悲惨な出来事を話して下さる方々が年々少なくなってしまっています。番組では、あの日何が起き、人々はどう生き抜いたのか。今なお様々な思いを抱えた人や戦火の傷跡が残る場所を、若手俳優の大野拓朗が辿り、その眼を通して実感あるものとしてお届けします。家族6人が犠牲になった海老名香葉子さん、母の決断に命を救われた毒蝮三太夫さんをはじめ内海桂子さん、桂由美さん、野村万作さん他、生と死が隣り合わせであった壮絶な光景、貴重な体験談を語ります。

今なお癒えることのない空襲の傷跡から多くの事を感じ、思い、そして次世代へ。戦争の悲劇を繰り返さないために、いま私たちに出来る事とは何かを問いかけます。

番組概要

「BS朝日ザ・ドキュメンタリー」では日本人の誰もが記憶している「あの時」にフォーカスします。

日本中を震撼させた「あの事件」、日本中を感動させた「あの瞬間」
懐かしくて、楽しくて、ちょっと悲しい…でも私達を元気にしてくれる出来事もたくさんありました。 「あの時のニッポン」を、今に残る「貴重な映像」と、今を生きる「貴重な証言」と共に振り返ります。
そして、未来を切り拓くためニッポンを再発見します。
さらに「傑作ドキュメンタリー選」として様々なジャンルの貴重なドキュメンタリーも発掘していきます。