BBC地球伝説

  • トップページ
  • 歴史
  • 自然
  • 紀行
  • 文化

ストーリー

驚くべき動物たち
クマ・キツネ -生きのびる力

ほかの動物が生きていけないような厳しい環境でも、確実に食料を手に入れ、たくましく生きのびるクマやキツネ。その驚くべき身体能力と知恵に迫る。
クマは栄養豊富な食料を見つけ出し、確実に手に入れられるよう進化を遂げた。インドの熱帯雨林に生息するナマケグマは、固い土を掘り返し、タンパク質たっぷりのシロアリを食べるために、8センチもの長い爪を持っている。しかも、ほかのクマに比べて前歯が2本少なく、その隙間から効率よくアリを吸いあげることができる。南米アンデスに住むメガネグマは、糖分の多い木の実を手に入れるために、前足の骨を進化させた。これによって15メートルもの高い所へ登れるのだ。ボルネオに住むマレーグマは体の毛が硬いため、ハチの攻撃をものともせず、25センチもある長い舌を使って、栄養価の高いハチミツや、さらには巣の奥にいるハチの幼虫までも食べることができる。北アメリカに生息するハイイログマは8月になると高さ3000メートルもの山に登り、岩陰に隠れるガを探し出し、一日に40000羽も食べてタンパク質と脂肪を蓄える。そして、川では大量のサケの卵などの脂肪分の多い部分だけを口にする。こうして十分に蓄積されたエネルギーによって、冬眠中の体温を保つという。クマのなかでも一番厳しい環境に生きるホッキョクグマ。その鼻は、30キロ先の獲物をも捕らえることができる。そして、エサの少ない夏場には、エネルギーの消費を抑えるため、冬眠中と同じ体の仕組みになるという。
キツネは周りの環境の変化に適応する能力がとても高く、季節ごとに栄養を確保する知恵を持っている。目の明かりをとらえる細胞が多く、昼だけではなく夜も狩りをする。光に敏感な彼らの瞳には、明るいところでは強い刺激から守るための機能も備わっている。しかも、昼間でも獲物を捕まえられるよう、どんな色でも識別することができる。さらにキツネにはほかにも驚きの能力がある。獲物の位置をより正確に捉えるため、彼らは地球の発する磁力を感じ取っているというのだ。
近年の研究で明らかになった新たな事実とともに、世界各地のクマとキツネの知られざる生態を追う。

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継