BS朝日

バックナンバー

#274

魯山人が愛した至高の料亭
~名古屋「八勝館」~

今回は名古屋市・昭和区「八勝館」を訪ねます。八勝館は、日本を代表する名料亭として広く知られています。もともとは明治時代中期に材木商の別荘として建築され、その後持ち主が変わり料亭としての営業を開始しました。現在の八勝館は、明治時代の建物から戦後昭和期に増築されたものまで多岐にわたりますが、今回は明治期の建物を中心に巡ります。起伏に富む疎林に建つ各棟は、材木商が建てただけあって、良材を駆使して多様で優れた和風意匠が集成されています。美しい庭に面した風情ある佇まいは、北大路魯山人が愛したことでも名を高めています。のちに移築した田舎家も魯山人のお気に入りで、彼の作陶にも使われました。2020年(令和2年)に建造物9棟と庭が国の重要文化財に指定された八勝館。その至高の空間を堪能します。
 
案内人:小沢朝江(東海大学工学部教授)

建築用語チェック!

無双窓むそうまど
外側を固定し、内側の連子を移動可能としたもの。
板を開くと採光、通風、眺望に使用できる。

取材先情報

・八勝館
愛知県名古屋市昭和区広路町石坂29番地 TEL:052-831-1585
【営業日時】
 ・午前11時45分から午後3時
 ・午後 5時45分から午後9時
 ・毎週水曜日、お盆、お正月は休業
  *水曜日:20名様以上の場合はご予約を検討致しますのでご相談ください
  *別途月により振り替え休日があります。
   詳細はホームページをご覧ください
【アクセス】
〔電車〕・名古屋駅より
     1.地下鉄東山線にて「伏見駅」乗換、地下鉄鶴舞線「八事駅」下車
      4番出口から徒歩3分
     2.地下鉄桜通線にて「桜山駅」下車、3番出口から当館まで
      タクシーで約10分
    ・中部国際空港より
     3.名鉄 常滑・空港線にて「金山駅」乗換、地下鉄名城線「八事駅」
      下車、4番出口から徒歩3分
〔お車〕・関東方面よりお越しの方
     1.東名高速道路「名古屋IC」→名二環「植田」から約20分
    ・関西方面よりお越しの方
     1.新名神高速道路→東名阪自動車道→名古屋高速「四谷」から約10分
      *駐車場には限りがございますので、できる限り公共交通機関をご利用ください。
〔タクシー〕名古屋駅から30分