BS朝日

バックナンバー

#177

オミクロン株の脅威
遺伝子研究の第一人者、パオ博士に聞く

 
全世界でオミクロン株の感染拡大が進んでいる感染力や重症化リスクに関する詳細データが出ていない中、各国はその対応に苦慮している。未だ40%以上がワクチン接種を完了していないアメリカ。ファウチ大統領最高医療顧問は、可能な限りワクチン接種や追加接種を促す声明を発表。番組では生物学の世界最高峰「ソーク研究所」のジェラルド・パオ博士に緊急インタビュー。オミクロン株の実態と既存ワクチンの有効性について詳しく話を聞く。