NOW ON AIR

    バックナンバー

    #252

    仲間とかみしめる黒糖の味(高知県・芸西村)

    高知県芸西村の「黒糖」作りは、江戸時代から続く冬の風物詩です。
    今回みらい遺産を紹介してくれるのは、村の製糖組合のリーダー・猪野司孝さん。
     
    村で獲れたサトウキビの汁をじっくり煮詰めて作る村の黒糖は、「白玉糖」と呼ばれ、優しい甘みと柔らかな口どけが特徴です。
    外国産の安価な砂糖に押されて一度は途絶えかけましたが、猪野さんたち地元の人々が
    組合をつくって守り続けてきたのです。
    仲間たちと黒糖づくりを続ける猪野さんの思いとは?

    PHOTO

    写真からBS朝日の番組を探そう!