BS朝日

番組表
NOW ON AIR

    放送内容

    森をみつめる巣箱(栃木県・那須塩原市)

    雄大な那須連山の麓、栃木県那須塩原市。古くから酪農などの農業が盛んで、広大な森には皇室も御用邸を構えています。
    今回、みらい遺産を紹介してくれるのは、那須塩原市に住む図画工作家の清野隆さん(67歳)です。

    東京でグラフィックデザイナーの仕事をしていた清野さんは、那須の四季豊かな森に惚れ込み、38年前に移住。
    廃材や流木を使った巣箱の制作をはじめました。一つとして同じデザインの巣箱を作らない。一点ものを作ることがこだわりです。

    いま清野さんが気がかりなのは、那須の森で大規模な工場開発が進んでいること。鳥の住む森は、地域の人たちにとって癒しの場所。
    那須の森を巣箱とともにみつめる、清野さんの想いとは・・・?

    次回放送予定

    全力で走れる喜び 短距離走(滋賀県・大津市)

    今回、みらい遺産を紹介してくれるのは、短距離走のシニアアスリート・大江良一さん(65歳)。
    持ち前の美しいフォームとピッチの高さを武器に、マスターズ陸上大会で数々の記録を打ち立ててきました。そんな大江さんが講師を務めるのは、中高年向けの短距離走講座。
    参加者たちは、速く走るための運動神経を鍛えながら、陸上トラックでの走り込みを重ねます。
    選手として指導者として、“全力で走ること”にかける大江さんの想いとは?

    番組概要

    過去から現在、そしてみらいへ・・・
    営々と築いてきた人と土地の豊かな結びつきを伝える。

    田畑、草花、海、山、街並み、建物・・・

    名もない風景であっても、その土地に根差して暮らす人にとっては特別な、自分だけの「世界遺産」です。この番組の主人公は、「人生90年」の時代を迎えた長寿国・日本を支える、いきいきとしたシニアたち。彼ら「HUMAN=人」が未来へ向けて大切に守り伝えてゆきたい「LANDS=風景」を、番組では「みらい遺産」と名付け、美しい映像で紹介します。

    今や老後は余生ではない・・・日本人の新たな安心のカタチを、その人が愛おしく見つめる日本の美しい風景と、ご本人たちの「想い」を伝える言葉で綴り、人(HUMAN)と風景(LANDS)の 強い結びつきを紹介します。

    PHOTO

    写真からBS朝日の番組を探そう!