BS朝日

放送内容

シラス台地が育む鰻(鹿児島県・大崎町)

今回、みらい遺産を紹介してくれるのは、鹿児島県大崎町で鰻の養殖業を営む道辻伸一さん(70歳)。シラス台地に湧き出る豊富な水で、鰻を育てています。
水質に少しでも変化が生じると、鰻は1ヶ月エサを食べないことも。
わずかな異変も見逃すまいと、日々鰻を見守る、道辻さんの姿に迫ります。

次回放送予定

三代で創る新しい伝統 近江一閑張(滋賀県・湖南市)

今回みらい遺産を紹介してくれるのは、滋賀県湖南市で近江一閑張(おうみいっかんばり)と呼ぶ工芸品を創作している、蛯谷金介さん(90歳)。
50年前、紙のひもを使って和のテイストを生かした日用雑貨を作りはじめました。
子、孫へとその技と思いが受け継がれ、新たに伝統が生まれる様を見つめます。

番組概要

過去から現在、そしてみらいへ・・・
営々と築いてきた人と土地の豊かな結びつきを伝える。

田畑、草花、海、山、街並み、建物・・・

名もない風景であっても、その土地に根差して暮らす人にとっては特別な、自分だけの「世界遺産」です。この番組の主人公は、「人生90年」の時代を迎えた長寿国・日本を支える、いきいきとしたシニアたち。彼ら「HUMAN=人」が未来へ向けて大切に守り伝えてゆきたい「LANDS=風景」を、番組では「みらい遺産」と名付け、美しい映像で紹介します。

今や老後は余生ではない・・・日本人の新たな安心のカタチを、その人が愛おしく見つめる日本の美しい風景と、ご本人たちの「想い」を伝える言葉で綴り、人(HUMAN)と風景(LANDS)の 強い結びつきを紹介します。