NOW ON AIR

    放送内容

    登山鉄道と共に100年 町を写す写真館(神奈川県・箱根町)

    温泉地として人気の箱根町強羅。観光客だけでなく地元の人たちの生活の足にもなっている箱根登山鉄道は、地域のシンボルです。
    今回、みらい遺産を紹介してくれるのは、強羅駅前で写真館を営んでいる嶋陽一さん(71歳)。
    1919年、登山鉄道の開通と同じ年に出来た写真館。創業者の祖父は、この町の風景を数多く写真に収めました。嶋さんは、祖父が撮影したのと同じ場所・同じ構図で撮影を続け、町の移り変わりを記録しています。
    登山鉄道は昨年の台風被害を受けて運休になりましたが、今年7月に運転再開。復活した
    電車を見つめる、嶋さんの想いにせまります。

    次回放送予定

    情熱の響き、オルゴール(東京都・中野区)

    今回みらい遺産を紹介してくれるのは、東京・中野区で長年オルゴールの箱を制作してきた、永井淳さん(83)です。釘や接着剤を使わない江戸指物の技術を用いて、一つ一つ手作りしています。
    楽器としての豊かな音を追求し続けてきた永井さんが、オルゴールに託す思いとは・・・?

    番組概要

    過去から現在、そしてみらいへ・・・
    営々と築いてきた人と土地の豊かな結びつきを伝える。

    田畑、草花、海、山、街並み、建物・・・

    名もない風景であっても、その土地に根差して暮らす人にとっては特別な、自分だけの「世界遺産」です。この番組の主人公は、「人生90年」の時代を迎えた長寿国・日本を支える、いきいきとしたシニアたち。彼ら「HUMAN=人」が未来へ向けて大切に守り伝えてゆきたい「LANDS=風景」を、番組では「みらい遺産」と名付け、美しい映像で紹介します。

    今や老後は余生ではない・・・日本人の新たな安心のカタチを、その人が愛おしく見つめる日本の美しい風景と、ご本人たちの「想い」を伝える言葉で綴り、人(HUMAN)と風景(LANDS)の 強い結びつきを紹介します。

    PHOTO

    写真からBS朝日の番組を探そう!