NOW ON AIR

    放送内容

    弾き手の表現力を引き出すピアノ(神奈川県・横浜市)

    今回のみらい遺産を紹介してくれるのは、調律師の伊藤正敏さん(65歳)。横浜市に工房を構え、ピアノの修復を行っています。18歳で調律師の道に進んだ伊藤さんは、ドイツでピアノの修復を専門的に学び、「ドイツピアノマイスター」の資格も取得しました。
    ピアノの部品はおよそ一万点。全てのパーツを緻密に組み合わせることで、響きの良い音色を追求していきます。伊藤さんの音づくりのこだわりとは…

    次回放送予定

    守り続けて半世紀 芝の守護神(大阪府・大阪市)

    大阪市南部にある「ヤンマースタジアム長居」。
    1964年、東京五輪の時に建設され、これまでラグビー、サッカー、陸上競技など数々の熱戦が繰り広げられてきました。
    今回、みらい遺産を紹介してくれるのは、芝生職人の松村逸夫さん(77歳)。スタジアム完成以来、半世紀以上に渡り芝生の管理をしてきました。元々は野球選手になるのが夢でしたが、体が小さかったためその夢を断念し、選手たちを支える道へ進んだ松村さん。
    裏方としての誇りを胸に取り組んできた、松村さんの芝生に込める想いとは?

    番組概要

    過去から現在、そしてみらいへ・・・
    営々と築いてきた人と土地の豊かな結びつきを伝える。

    田畑、草花、海、山、街並み、建物・・・

    名もない風景であっても、その土地に根差して暮らす人にとっては特別な、自分だけの「世界遺産」です。この番組の主人公は、「人生90年」の時代を迎えた長寿国・日本を支える、いきいきとしたシニアたち。彼ら「HUMAN=人」が未来へ向けて大切に守り伝えてゆきたい「LANDS=風景」を、番組では「みらい遺産」と名付け、美しい映像で紹介します。

    今や老後は余生ではない・・・日本人の新たな安心のカタチを、その人が愛おしく見つめる日本の美しい風景と、ご本人たちの「想い」を伝える言葉で綴り、人(HUMAN)と風景(LANDS)の 強い結びつきを紹介します。

    PHOTO

    写真からBS朝日の番組を探そう!