BS朝日

番組表


NOW ON AIR

    放送内容

    生命(いのち)を吹き込む はく製師(東京都・世田谷区)

    東京都世田谷区の閑静な住宅街に、はく製の専門店があります。
    今回、みらい遺産を紹介してくれるのは、ここで製作を続けている、はく製師の長谷川芳隆さん(85)。これまで手掛けたはく製は2万点以上に上ります。
    長谷川さんは年に数回、学校や公園などで、地域の子供たちに向けて、はく製との触れ合いイベントを実施しています。
    子供たちにはく製に触れてもらい、何かを感じてもらえればという長谷川さんの想いとは・・・? 

    次回放送予定

    姫路城の守り神 鯱瓦(しゃちほこがわら)(兵庫県・姫路市)

    兵庫県姫路市のシンボル、姫路城。5年半に及ぶ「平成の大修理」を終え、今の美しい姿になりました。平成の大修理では、大天守の頂上にある”鯱瓦”も新しく作り直されました。
    大きな口で火を吹き消して火災から守ってくれるという言い伝えで作られた、城の守り神です。

    今回、みらい遺産を紹介してくれるのは、その鯱瓦を作った鬼師(鬼瓦職人)の一人、構井俊一郎さん(72歳)です。19歳で父に弟子入りして、瓦作りの伝統技術を受け継いだ横井さん。姫路城を守る鯱瓦には、父の教えが込められています。その教えを次の世代へ伝えようとする、構井さんの想いとは?

    番組概要

    過去から現在、そしてみらいへ・・・
    営々と築いてきた人と土地の豊かな結びつきを伝える。

    田畑、草花、海、山、街並み、建物・・・

    名もない風景であっても、その土地に根差して暮らす人にとっては特別な、自分だけの「世界遺産」です。この番組の主人公は、「人生90年」の時代を迎えた長寿国・日本を支える、いきいきとしたシニアたち。彼ら「HUMAN=人」が未来へ向けて大切に守り伝えてゆきたい「LANDS=風景」を、番組では「みらい遺産」と名付け、美しい映像で紹介します。

    今や老後は余生ではない・・・日本人の新たな安心のカタチを、その人が愛おしく見つめる日本の美しい風景と、ご本人たちの「想い」を伝える言葉で綴り、人(HUMAN)と風景(LANDS)の 強い結びつきを紹介します。

    PHOTO

    写真からBS朝日の番組を探そう!