BS朝日

番組表

会社概要

放送番組審議会

BS朝日第78回放送番組審議会議事概要
BS朝日は、令和2年1月16日に、第78回放送番組審議会を開催しました。(2020.1.16)
開催日時 2020年1月16日(木)午後4時~午後5時45分
開催場所 六本木ヒルズクラブ「ラ・サラ」
出席者

若林委員長
安部副委員長、青木委員、寺田委員、中町委員、野村委員
(書面講評提出)佐藤委員、中本委員

 

【会社側】
角南代表取締役社長、菊地取締役相談役、壁谷常務取締役、佐藤取締役、藤川取締役、阪本取締役、西村常務執行役員編成制作局長、大幸執行役員編成制作局専任局長、有賀編成制作部長、谷村編成制作部制作担当部長
(事務局)佐藤事務局長、堀ライツ・考査室員

 

議題

(1)会社側より報告
(2)課題番組「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」講評
(3)次回日程および課題番組について
(4)その他

配布資料

(1)BS朝日主要単発番組一覧(2019年12月~2020年2月)
(2)BS朝日スポーツ単発放送実績一覧(2019年12月~2020年2月)
(3)2019年度 BS放送 時間区分別視聴世帯・率状況
(4)BSデジタル世帯普及率
(5)次回課題番組案 「日曜スクープ」

講評

・残念なのは「一人旅」では全くないこと。当然ながらカメラさんや音声さん、ディレクターも一緒なのだろうが、そこに話しかけてしまうと「一人旅」という演出さえも無駄になってしまう。
・ヒロシさんの言葉の力が残念。
・美容院では、日本人が馬鹿にされているところを見て腹立たしくなった。トルコの人がもしこれを見たら怒るのではないか。
→疲れて座れるお店ということで美容院に入った
・ピスタチオもわからない人が駅前食堂とは全くかけ離れたレストランで、地元の人々が食べる珍しいものではないものを食べている。→ヨーロッパの場合駅前に何もないケースが多く、その場合は少し離れたところで食事をしている。
・大変に面白い番組だと思う。ナレーションが全く無く、過剰な説明不足のおかげで、グイグイ引き込まれた。
・ロケ地はどのように決定しているのか→安全でドローンを飛ばせる、外国のクルーを受け入れてくれる場所。プロデューサーがかつて旅した経験をもとに選定。
・ヒロシをキャスティングした理由は?→キャスティング当時スケジュールが取りやすかった。ただ国内ロケだと一般の人に指さされることを嫌がっていたので海外ロケならと提案。今は忙しくなりスケジュール調整に苦労している。
・食レポもダメ、言葉もダメな状況で、なんとなく電車に乗って、降りて、とダラダラしてしまっている。YouTubeならそれでもいいが、テレビならば一言くらい現地の言葉を学習する努力が欲しい。
・アイスケーキを食べた時など、まずそうな顔をして食べるのに、しばらくして「おいしい」というのはなぜ?→本人によると「食べたこともないものを口に入れるのに笑顔は無理」だが「まずい」と言えない気の小ささから来ている。
・訪ねるところがあまり有名じゃない場所なのが新鮮。絶景が出てこないのがいい。
・スタッフの地道なサポート。香港で売られていた熊本産のイチゴ、ブルガリアのケフィアなどにちゃんと裏取りされた適切なテロップが入っている。
・アジアと東ヨーロッパに偏っているので、できるだけ世界中に行ってほしい。→今後キューバへ行く予定。
・今時旅に行く時はスマートフォンで調べてから出かけるが、とてもアナログ。→写真の通りだと確認する旅は旅ではないのでヒロシには事前情報を入れていない。
・ヒロシのコミュニケーション能力が素晴らしい。日本語だけで話しているのに通じてしまうのがすごい。
・安易にファストフード店などに入らず、街の食堂に行くのがいい。
・HPにもう少し旅の情報を載せてほしい。→今はTwitterに重きを置いている。また、詳細な店紹介を載せたら「たくさんの日本人が来て写真を撮って帰った」とコーディネータにクレームが入ったという点も考慮している。
・冒頭のヒロシのコメントに引き込まれる。バックパッカー世代をくすぐる感じの作り。ヒロシの年齢も若過ぎず上過ぎずちょうどいい。
・音楽に引き込まれた。特にオープニング、店を決めた時、料理が出てきた時、それぞれが良かった。→音楽はプロデューサーチョイスが中心。音効に任せっきりにしていない。
・それなりにスペシャルな現地なので、行き方を紹介して欲しい。
・どこまで下調べをして、ヒロシに伝えているのか?→ヒロシは知らない駅に降り立った男。下調べを知りたいとも思わない努力をしない人。50か国も旅行するという長期ドキュメンタリーだが、成長していないのは事実だが視聴者からは賛否両論。
・一昨年からずっと見ていた。失礼な態度だと思うけれどつい見てしまう。
・市場があったら必ず行ってみる姿勢が好ましい。スーパーマーケットにも寄って、その国の貨幣価値を知るとさらにいいと思う。→電車だけではなくて、その土地に住んでいる人の生活を見てほしいという狙い。
・物の値段や、彼の事務所がある中野坂上から〇㎞と具体的な数字が出ているのがいい。
・料理にはお酒がつきもの。グルメ番組にはそっとお酒の香りが寄り添うべき。→ヒロシは酒がほとんど飲めない
・「酒が飲めたらどんなにいいだろう」という思いをヒロシに注入してほしい。変に格好つけず、隣の人が飲んでいるのを見て、いいなと思う程度でいい。
・小さなハプニングの積み重ねで番組ができている。

 

次回第79回放送番組審議会
2020年4月24日(金)午前10時30分~
課題番組「日曜スクープ」