BS朝日

番組表
NOW ON AIR

    バックナンバー

    “家政婦は見た!”女優・市原悦子の真実

    今年1月、惜しまれつつ82年の生涯に幕を閉じた女優・市原悦子。日本のドラマ界に衝撃を与え、お茶の間に鮮烈な印象を焼き付けた名作「家政婦は見た!」。30.9%という視聴率は「土曜ワイド劇場」の長い歴史の中で歴代最高となり、金字塔を打ち立てました。その名作の代名詞ともいうべき女優・市原悦子さん。つかみどころがなく、独特な雰囲気をもち、コミカルだけど少し不気味な主人公は、誰しもが「市原さんにしか演じられなかった」と口を揃えます。ほかにも、刑事、バスガイド、王女、死刑因など、彼女はどんな役を演じても、自分だけのオリジナルキャラクターに仕上げてしまう、まさに唯一無二の存在でした。
    演技だけではありません。1975年に開始した「まんが日本昔ばなし」では、1500近くの物語を演じ分け、その多彩で独特な声は日本中の子供たちを魅了。最高視聴率39.8%(関西)という驚異的な数字を生み出しました。
    演じることに全てを注ぎ込んできた彼女は、素顔をさらけ出すことを嫌がりました。では、役から離れた市原さんは、何を求め、何を愛し、どんな人生を歩んできたのでしょうか? 番組では、市原悦子さんの知られざる素顔を、数々の証言と秘蔵映像から検証。戦争体験、流産、夫との死別…その半生をひも解きながら、彼女が死の寸前まで向き合い続けた覚悟に迫ります。
     

    【出演】中村 敦夫、 藤 竜也、中尾 彬、恩地日出夫(監督) ほか

    【ナレーター】近藤 サト

    PHOTO

    写真からBS朝日の番組を探そう!