BS朝日

バックナンバー

#135

春山慶彦 YAMAP代表

携帯の圏外でも使える登山用地図アプリYAMAP(ヤマップ)が
今、日本のアウトドアアプリとして異例のヒットを飛ばしている。
春山が、スマートフォンのGPS機能に着目し、他に先駆けて開発した。環境省と国立公園オフィシャルパートナーシップも締結し、多くの登山愛好家に利用されているYAMAPを生み出した春山の発想の原点とは?

はるやま よしひこ

1980年福岡県春日市出身 
同志社大学在学中に訪れた屋久島で「自然」の魅力に目覚める。アラスカ大学に留学し、イヌイットの伝統的なクジラ・アザラシ猟を体験する。帰国後 ITやスマートフォンを利用して日本の自然・風土の豊かさを再発見する仕組みを作りたいと2013年株式会社セフリを設立。2016年会社名を株式会社ヤマップに変更。