BS朝日

バックナンバー

ボーイフレンド

相手をつねに一番に思う気持ち。恋愛の本質に気づかされる純愛ストーリー

ホテル代表の女性と新入社員の若者の恋を描いた「ボーイフレンド」。年齢差や境遇、社会的地位の違いを超えて、二人が愛を育んでいく様子が、温かなタッチで綴られていきます。ホテルを巡って、ヒロインのスヒョンと元夫が対立するような場面もありますが、物語の中心はあくまでスヒョンとジニョクのロマンスの行方。ほぼ恋愛だけにフォーカスを当てている点が、恋愛や犯罪、ファンタジーなどいろいろな要素が盛り込まれたドラマが増えている今、かえって新鮮に感じられます。
 
ただ道を歩くだけでも素敵な2人。ジニョクがスヒョンにサンダルを履かせてあげる、出会ってすぐの場面に始まって、愛の深まりと共にロマンチックな場面が次々に登場します。仮面舞踏会のバルコニーでの突然のキスシーンや、ジニョクが「ホテルの中の秘密の通路で会おう」とスヒョンを呼び出す場面などは、恋のドキドキ感たっぷりで心拍数が上がること間違いなし。
 
2人がビデオ通話する場面は、演じていてパク・ボゴム自身がときめいたのだとか。ほかに、人のいない冬枯れの葦原に立つ展望台でジニョクがスヒョンを後ろからすっぽり包み込む姿にもうっとり。まるで世界に存在しているのは彼らだけのように思えてきます。
 
そして、スヒョンとジニョクが互いを見つめる愛情のこもった眼差しや、相手をつねに一番に思う気持ちが胸に迫ります。相手のことが誰よりも好きで、何よりも大事。一緒にいると楽しくて、あっという間に時間が過ぎてしまう。2人を見ていると、そんな純粋な恋愛の本質について改めて気づかされるのです。