BS朝日

番組表
NOW ON AIR

    放送内容

    #188「目指せ!一発逆転 ~町工場、3000日の奮闘記~」

     秋田県内陸の山あいにある横手市。大手メーカーの下請けでパソコンの部品などをつくっていた小さな工場がありました。福島にある電子機器製造会社の生産拠点です。従業員の多くは農家の奥さん。地方にはどこにでもあるような町工場です。しかし2009年、リーマンショックのあおりを受けて工場は突然閉鎖に追い込まれます。働いていた従業員は全員解雇。この時、一大決心をしたのが当時、工場長を務めていた男性です。男性は、工場を運営していた福島の会社の幹部社員でしたが、行き場を失った従業員の雇用を守るため、53歳で会社を退職し、工場閉鎖の翌日に新しい会社を立ち上げたのです。そして解雇された従業員を全員雇いました。会社名はアスター。
     
     会社を立ち上げたものの、仕事はほとんどなく、アスターは苦しい経営が続きます。追い打ちをかけたのが東日本大震災でした。取り引き先の操業停止が相次いで、もともと少なかった仕事がほとんどなくなり、何度も倒産の危機に瀕します。従業員に給料を払うため、会社の独自製品を作りますが思うように売れずに挫折。そのたびに元工場長である社長と従業員が手を取り合って独自製品を次々に開発しては売り込み、アスターは創業4年目に初めて黒字を計上しました。
     
     独自製品を売って会社の運転資金を稼ぎながら、アスターは世界でまだ誰も成功していなかった画期的なコイルの成型に成功します。今年6月には、その新型コイルをつくるための巨大な工場が完成しました。現在、世界的な家電メーカーと共同で新型コイルを組み込んだモーターの開発を進めていて、来年夏には量産に入る計画です。苦しい経営の中でも挑戦を続けた地方の町工場の3000日の物語です。

    PHOTO

    写真からBS朝日の番組を探そう!