BS朝日

番組表
NOW ON AIR

    放送内容

    #196「 辛くてうまい!島根わさび ~一流料理人が絶賛!味の秘密に迫る~」

    家庭用のチューブわさび等で私たちに身近な食材、わさび。みなさんは「本物の」わさびとはどんなものか、知っていますか?
    高級すし店や日本料理店などが使う生のわさび(本わさび)は、豊富な水、適度な気温、日照など、いろんな条件がそろった限られた地域でしか育たない、デリケートな作物。良質なわさびをつくるには、よい環境と高い技術が必要です。
    日本有数の産地、静岡、長野などに比べると規模はかなり小さいですが、島根でも伝統的にわさびが作られてきました。そのひとつが全国有数の清流として知られる高津川の上流部にある、津和野町です。
    この町に、注目されている若手の生産者がいます。大庭敏成さん42歳。100年以上にわたってわさびづくりに関わってきたという大庭家の七代目で、地域きってのわさび名人です。
    この大庭さんのわさびが今、東京・福岡などの一流料理店で高い評価を得ています。その特徴は辛さの中にある甘さ、香りの高さ、そして粘り。「味が良く、他には代えられない」とほれ込む料理人も増えています。大庭さんのすぐれた品種改良の技術や、冬は積雪が1メートルにもなるという厳しい自然環境が生むわさびは、まさに「辛いだけでなく、おいしい」わさびなのです。
    高齢化や後継者不足に悩んでいた産地は、大庭さんのわさびの高評価に盛り上がっています。町産わさびは「島根わさび」の名称でブランド化。地元JA職員など多くの人の努力で、大庭さんだけでなく、町産わさび全体の評価・価格も上昇しています。
    「わさびで町を元気にしたい」。番組では、おいしいわさびづくりに打ち込む大庭さんの姿を中心に、高津川流域の自然のすばらしさ、また「島根わさび」のおいしさが詰まった、一流料理人による絶品料理の数々をご紹介します。

    PHOTO

    写真からBS朝日の番組を探そう!