番組表

広告

放送内容

りんご農家、助けます! ~青森発!若手チームの心意気~

全国のりんごのおよそ2割を生産するJAつがる弘前は、売り上げの8割以上がりんご。その有志が、りんご農家が抱える課題を改善しようと発足した部隊の物語。
りんごは「授粉」や「葉摘み」など1年間の苦労の積み重ねを経て、でき上がります。
農閑期、雪が深まる厳しい冬も「剪定せんてい」という作業が必須。不要な枝を切り、日光を当てやすくする、風通しを良くし害虫を退けるなど、春から秋にかけての生育を左右する重要な作業です。しかし、高齢化や人手不足、技術不足など様々な理由で剪定ができない農家が年々増加。そこで、JAつがる弘前の営農指導員・長内隆さん(39)をはじめとする有志が、現状を少しでも改善しようと発足させたのが「請負剪定隊」。地域の若手農家たちで構成された部隊です。剪定は、高度な知識やスキル、経験を問われる複雑な作業。指導員が隊員に入念に剪定理論を教えることで、技術や作業スピードの均一化を図っています。営農指導員は農閑期の剪定だけではなく、一年間を通して農家が少しでも良いりんごを出荷できるよう、様々な場面でアドバイスをしています。入社1年目の新人、斎藤剛志さん(21)も正しい営農指導をするため。勉強の日々。指導員が農家と向き合う姿、剪定隊の活躍を見つめます。