BS朝日

バックナンバー

高橋一聡(Do One Good代表)

犬や猫等ペットの飼育放棄と、それに伴う殺処分が大きな問題になっています。日本ではその数、年間5万頭ほど。飼育放棄の理由は様々ですが、最近は飼い主の高齢化や大きな災害のために飼育が困難になるケースが目立つようになりました。そんな中、「少しでもペットの命を救いたい」と活動しているのが高橋一聡さん。カリフォルニアでペットの福祉を学び、7年前、一般社団法人「Do One Good」を立ち上げました。現在90もの動物愛護団体と協力してペットの保護に奔走しています。新たなペットの飼い主を探すために、譲渡情報シェアサイトを創設。実際の譲渡会も各地で多数開催。移動しやすいように、トレーラーハウスのブースを作りあげました.東日本大震災後は、ペットを通じた被災地への支援も開始。洪水被害の倉敷市真備町では、トレーラーハウスを利用して、ペットの一時預かりを実施し、家族同様に思う被災者に寄り添いました。「ペットを取り巻く環境を良くすることは、結局、人間社会のためになる」と語る高橋さん。その深いコトノハに耳を傾けます。 

高橋さんの活動をもっと知るには・・・
http://doonegood.jp/