BS朝日

バックナンバー

#181

ニューヨーク
ポップカルチャー史をひも解く

ニューヨーク・マンハッタンのダウンタウンにあるイーストビレッジ地区。1950年頃からビートニクなど、カウンターカルチャーの発信地となり、その後もニューヨーク発のストリート文化・芸術の象徴的エリアであり続けています。今回はイーストビレッジ地区にあるニューヨークシティミュージアムを訪れ、マンハッタンから世界へ広がった60年代以降のストリートカルチャーの変遷をひも解きます。現代アートやヒップホップなどに代表されるNY近代ポップカルチャーを町山が徹底解説。