BS朝日

ストーリー

#7

第7話「決戦の夜」

ドンチュンにガンスンを託して、ユベクはマスコミの取材にガンスンとの関係を釈明し、世間を騒がせたことを謝罪する。
その頃、おばあさんが搬送された病院ではガンスンが、浮かれてソウルに行った自分を責め、取り乱す。マドルはガンスンを慰め、軽薄なユベクを嫌悪しつつも、ガンスンが戻ってきた安堵を感じる。しかし数時間後、ユベクが車を飛ばして見舞いに来ると、マドルとユベクは互いの感情をぶつけ合い、殴り合いのけんかを始める。