BS朝日

バックナンバー

#262

現存最古のゴルフクラブハウス
~神奈川県藤沢市「グリーンハウス」~

今回は神奈川県藤沢市に残る「グリーンハウス」を訪ねます。現在の神奈川県立スポーツセンターの辺り一帯には、かつて藤澤カントリー倶楽部というゴルフクラブがありました。そのクラブハウスとして建てられたのがグリーンハウスです。現存する日本のゴルフクラブハウスとしては最古とされている建物です。設計した建築家は、日本のモダニズム建築を先導したアントニン・レーモンド。グリーンハウスはスパニッシュ様式の建物としてデザインされていますが、レーモンドならではのモダンデザインを随所に散りばめているのが大きな特徴となっています。藤沢カントリー倶楽部の歴史と共に生きるグリーンハウス。藤沢の人々に愛され続ける名建築です。
 
案内人:水沼淑子(関東学院大学名誉教授)

360°画像

#262_エントランスホール – Spherical Image – RICOH THETA


エントランスホール

#262_ラウンジ – Spherical Image – RICOH THETA


ラウンジ

取材先情報

・グリーンハウス
神奈川県藤沢市善行7-1-2
TEL:0466-81-2570

受付時間
午前8時30分~午後9時まで

閉所日
月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
祝日の翌日
年末年始(12月29日から1月3日まで)

【電車】 小田急江ノ島線 善行駅東口より徒歩7分

【車】国道467号線を藤沢方面から大和・町田方面へ進み、
「体育センター前」の信号を左折。ゲートを通過して入場してください。

駐車場
 台数に限りあり
 バス等の大型車両の駐車は事前受付あり